のっとぇの技術メモ

Windows,Linux,インターネット関連の技術メモや紹介

Sunday, November 22, 2015

ASUS X550DPのメモリを交換、増設してRAMを16GBにする

ASUS X550DPのメモリを交換、増設してRAMを16GBにする。


お約束。以下は私がメモリ増設を行った時の忘備録です。メモリ交換は自己責任で。

X550DPは標準メモリ4GBなので、アプリを複数うごかすと流石に苦しいです。しかしこのパソコンはメモリ増設するために本体をバラバラにしなければなりません。
メーカーが保証していないため、対応リストもありません。
メモリ増設した先人の情報からメモリの種類は特定できたので、16GBに交換してみました。
本体をばらしてマザーボードを取り出さなければなりませんが、慎重にやればぶきっちょな
私でも出来ました。
買ったのは、TranscendのTS1600KWSH-16GK [DDR3L-1600 SO-DIMM]です。

本体を分解します。
(1)本体裏のネジをすべてはずします。
(2)そうするとキーボードが外れるようになるので、キーボードをずらしていきます。
  裏でケーブルが繋がっているので、完全に外してはダメです。
キーボードをずらすとメイン基板がお目見え。ネジの位置を覚えてないと後で困る。
(3)キーボードの接続を外します。
キーボードの接続を外す

バッテリーから伸びているケーブルを外します


DVDドライブを外します。固定ネジは1個です。外して右にスライドすると外れます。

DVDドライブを外したところ
HDDを外します。固定している四隅のネジ4個を外します。上をまたいでるケーブルも外します。
HDDに張り付いてる右USBポートへのケーブル

HDDに張り付いている右USBケーブル
HDDを右にずらす
HDDを外したあと

メイン基板を固定している黒いネジ10個とFANを固定しているネジ1個を外します。

FANの固定ネジ位置
ネジがとれたら、慎重にマザーボードを剥がします。まだ繋がっている部分があるので、ゆっくり少しずつ。
メイン基板を裏返すとメモリが見えました。
標準の4GBメモリ
16GB装着完了
基盤を裏返した時にアンテナケーブルまで外れてしまったので戻します。

逆の手順で、元通り組み立ててパソコンを起動します。

16GBとして認識しました


0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home