のっとぇの技術メモ

Windows,Linux,インターネット関連の技術メモや紹介

Sunday, January 12, 2014

照明代を安くする。電球型蛍光灯→LED電球

以前、コスト高の円形蛍光灯を電球形蛍光灯に交換しました。
前のときはLED型電球も1個3000円ぐらいしていましたが、
最近、LED型電球が500円程度の値段になってきたので、
徐々にLED電球に交換し、現在はハイブリットで使用しています。
LED3個、電球形蛍光灯3個の組み合わせです。

30型の60W電球x2本使用している照明の明るさは、3200lm(ルーメンス) 6~8畳用

500円程度のLED電球が、560lm(ルーメンス)。3200lm/560lm=5.7。なので電球6個分。
~10畳なら、電球8個らしいです。

ちなみに電球形蛍光灯は650lm(ルーメンス)で、100円。過去の実験で10ヶ月もちました。
LED電球はまだ一度も切れたことがありませんが、3年程度もつと言われています。
つまり、3年比較だと電球形蛍光灯は400円程度で、まだまだコスト的にはLEDの方が
高いようですが、もう少し安くなれば同等になり、交換の手間を考えるとLEDの方が
メリットがあります。

しかし、使用してわかったことですが、LED電球はその性質上、光が真下にしか来ません。
蛍光灯のように周りまで明るくなりません。そのため、LED照明製品は光を分散させるよう
工夫をしているようです。
6畳用なら7000円以下、8畳用なら1万円以下の製品もみかける様になりました。
 こちらの場合本体ごと交換がほとんどでした。3年おきなら、それでいいかもしれません。

使用した電球型LEDは、光をあまり分散しないので、電球形蛍光灯と併用しています。
下向き3個をLEDに、横向き3個を電球形蛍光灯にしています。
電球形蛍光灯はダイソーの100円の製品です。


値段が高い円形蛍光灯からの乗り換えでしたが、
最近、蛍光灯が100円ショップで販売される様になったようです。
ダイソーで、30型と32型円形蛍光灯が、210円315円で販売されていました。
直管蛍光灯もキャンドウにありました。

2015.11追記
蛍光灯製品は一時的な入荷だったようでなくなってしまいました。
LED電球は当然の事ながら、今のところ切れたものはありません。






0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home