のっとぇの技術メモ

Windows,Linux,インターネット関連の技術メモや紹介

Friday, November 18, 2011

iPod nanoのリコール交換連絡~何故今頃

Appleから初代iPod nanoのリコールメールが今頃(2001.11.14)になって来ました。
2005年9月から2006年12月の間に販売されたnanoに問題があることを
2009年に認めて発表をしていたわけですが、連絡するのに2年も掛かるとは・・・


以下本文
--------------------------------------------------------------------------------------
iPod nanoをお使いのお客様へ

Appleでは、ごく稀に
iPod nano(1st generation)のバッテリーが過熱して安全上の問題を引き起こす可能性があることを確認しております。対象となるiPod nanoは2005年9月から2006年12月の間に販売されたものです。

この問題は、製造上の欠陥があるバッテリーを生産した特定のバッテリーメーカーに原因があることがわかっています。
実際に過熱事故が発生する可能性はきわめて低いとはいえ、バッテリーの経年に伴ってその可能性は高くなります。

iPod nano(1st generation)をお持ちのお客様は使用を中止し、下記の要領で無料交換手続きをされることをおすすめいたします。

注意:これはiPod nano(1st generation)に限られた問題であり、他のiPodには
影響がありません。

交換手続き

交換手続きはウェブ上でできます。手続きはこちらから開始してください。

お使いのiPod nanoがこのプログラムの対象になるかどうかを調べるためにシリアル番号の確認をさせていただきます。現在お客様がお持ちのiPod nanoがAppleに届いてから、お客様のお手元に交換品が届くまでに約6週間かかります。

パーソナライズされているiPod nanoをお持ちの場合は、パーソナライズされていない交換品が届きます。現在お持ちのiPod nanoを交換に出す前に、iTunesを使ってすべてのデータを必ずバックアップしておいてください。

その他

iPod nano(1st generation)の見分け方


iPod nano(1st generation)は、前面が白黒のプラスチック、背面が銀色の金属でできています(これより後の世代のiPod nanoは前面/背面共に金属製です)。

交換手続きに関してサポートが必要な場合は、Apple Store(直営店)、またはApple正規サービスプロバイダ(AASP)までお越しください。お越しになる際にはシリアル番号が確認できるようiPod nanoをご持参ください。

Appleは、iPod nanoの交換品に瑕疵がないことを交換サービスの実施日から90日間にわたり保証いたします。

当プログラムにご理解をいただき、ありがとうございます。

Apple

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home