のっとぇの技術メモ

Windows,Linux,インターネット関連の技術メモや紹介

Sunday, October 23, 2011

約一万円の低価格ナビを試す



最近、低価格に特化したカーナビであるPNDが、当初から比べて5万→3万→2万と下がってきた。

amazonで上のPND-432
が10,708円と約1万円だったので、試してみた。

箱掲載のスペック
画面サイズ4.3インチTFT(480x272pixels)
外形寸法(mm) 110(W)x72(H)11(D)
質量 140g
内蔵RAMメモリ 64MB DDR
内蔵フラッシュメモリ 2GB iNAND
メモリスロット microSD(max.16GB)
内蔵バッテリ Li Polymer(820mAh)
O/S WinCE6.0

実際に使ってみた感想。

[良いと思う点]
・GPSの現在位置取得も早く、誤差も少ないようです。
・交差点での拡大表示があります。拡大表示を消すことも出来ます。
・隠し機能として、音楽再生、ビデオ再生、写真、電子書籍(対応フォーマット?)と、
 カレンダー、関数電卓、ゲーム類がありました。携帯再生機として使えるかも。
・MP3の再生はまともで、320Kbpsのmp3でも再生できました。
・結構なお店のデータが入っていて、100円ショップの「ミーツ」なんかも一発検索できました。
・マニュアルをよく見ないとわかりませんが、スライタスペンが付属しています。
・音楽再生が持続したまま、ナビが起動するので音楽再生とナビが同時に使えました。
・食事のジャンル分けがきちんと分けられれて、寿司や焼肉・ステーキ・中華・日本料理・居酒屋
 等々が分かれてて探しやすい。
・シガー電源アダプタとAC電源アダプタ付き
・車載取り付けキット付き
・シガー電源アダプタを繋いでおくと、スタンバイ時、車を始動するとナビも連動して立ち上がる。
・案内する道路は基本、大きな道路優先でした。
・操作用ペン付き
・タッチパネルはペンでも指でも操作可能。


[悪いと思う点]
・電源が入らないことが度々ある。→シガーの分岐ソケットを使っていたためでした。
・起動が遅い。10秒ぐらい掛かる。
・中央分離帯のある道路を一度Uターンする必要がある場合にそのUターンのための迂回路を考慮してくれません。
・お店をランドマークとして表示してくれないので、目印探しには苦労するかも。
・操作がわかりにくい。特に、事前の経路探索で出発地点指定が出来なくて悩みました。
・シールでの固定なので、固定する場所によってはすぐ剥がれてしまうかも。
・英語名称を入力できず、全部かな入力強制で英語名のお店をかなで検索できるかは結構微妙です。
・名称検索で「ダイソー」では正しく検索できませんでした。
 (ジャンルで100円ショップがあり、「ザ・ダイソーOX店で登録されていました。)
・検索ヒット件数が多いと検索中が結構長いです。
・隠し機能のアイコンがもろiOSパクリ。
・そのわりに候補選択は画面スライドではなく、矢印ボタンを押して選択する方式で、遅いです。
・内蔵メモリ2GBと外箱には書いてありますが4GBの間違い。
・隠し機能の起動がmicroSDの抜き差しなので、注意しないとEjectでmicroSDが飛び出すので飛んでいって無くすかも。
・電源ボタンの反応が悪くて、なかなか立ち上がらないことがある。(押し方にコツがある)
・スタンバイと電源OFFは電源ボタン長押しの時間で切り替わるが、あとから遅れて表示が
 切り替わるのでタイミングがわかりにくい。
・時々地図上の名前の表記などが間違っていることがある。そのため知っている場所でも、
 地図上だと判らないことがあった。

色々と至らないところはありますが、初期の頃のCDカーナビに比べてみれば、
かなりよくできています。最近の純正搭載されるようなカーナビには及びませんが
値段が十数万と1万円と一桁も違うので当然です。
過度の期待をしないとそこそこ使えます。
車載カーナビがない車にとりあえず装備するにはいいかもしれません。

Labels: , ,

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home