のっとぇの技術メモ

Windows,Linux,インターネット関連の技術メモや紹介

Monday, April 25, 2011

USBシリアル変換がうまく動かない。

USBと232Cシリアル変換ケーブルが添付のドライバで動かないことある。
その場合の対処方法をメモしておく。

原因は不明だが、
一説には違うメーカーのUSBシリアルドライバとの相性問題だという話もあるが
一部の機種ではそういったものをインストールしていないのに動かない場合も
あるので詳細は不明。
とりあえず、私のところの動かなかった数台は以下で動くようになった。

以下のチップメーカーのサイトに行って最新ドライバを入手してインストールする。
PL-2303 USB to Serial Bridge Controller
http://www.prolific.com.tw/eng/downloads.asp?ID=31

あと、シリアルポートを使うソフトの中には、
COM1~COM4までしか対応しておらず
不幸にもUSBシリアルがCOM5以降に割り当てられてしまう場合も
あると思う。
その場合は、コントロールパネルからシステムを起動し、
ハードウェアタブを選択して
デバイスマネージャーを起動して、シリアルからUSBシリアルを選択して
プロパティで、割り当てCOM番号を変えることが出来る。
最近のPCはCOM2が省略されていて空いていると思うので、
COM2に割り当てるといいだろう。
もし空いてなければ、他のシリアルを他のCOM番号に変更してしまえばよい。
再起動しなくても、更新すれば即座に変更が反映されます。

検索ワード:USB to Srial / USB to RS232C Converter / USB->RS232C変換 / USBシリアルコンバータ



uploaded.to

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home